リフォーム工事

ホーム > リフォーム工事 > その他

その他

今や通常の戸締りでは犯罪を防止することは難しく、警察庁を中心に官民合同で防犯性の高い建物部品の開発と普及に努めております。
サカクラでは、警察庁認定優良防犯機器を中心に、錠前・防犯フィルム・防犯ガラスなどの施工で皆様の大切なお住まいの安全を高める施工提案を目指しております。

 
 
耐震対策

いつかは起きるが、いつ起きるかはわからない大地震。東日本大震災の記憶も新しいところです、弊社では耐震改修及び耐震用品の設置によって、大切な建物を守るお手伝いをさせていただきます。

 

昭和56年(1981年)5月31日以前に着工した家は耐震性能が不十分な可能性があります
昭和56年5月31日に耐震性能の強化を盛り込んで建築基準法が改正になりました。
それ以前に建てた家は現在の基準からすると不十分な耐震性能しか持たない可能性が高いので、地震対策を講じた方が良いと思われます。

 

耐震改修

主な流れは下記の通り

 

1.耐震診断
お客様ご自身で財団法人 日本建築防災協会のサイトに掲載の「誰でもできるわが家の耐震診断」を活用し、改修の必要性を判断する。

■財団法人 日本建築防災協会のホームページ
>> http://www.kenchiku-bosai.or.jp

耐震診断の画像
 

2.専門家への診断依頼
自分で耐震診断を行なった結果問題がある場合は、専門家(木造耐震診断士) に耐震診断をしてもらいましょう。診断士は自治体に相談すれば紹介してくれます。
また、自治体によっては無料で耐震診断をやってくれたり、耐震改修に補助金を出してくれるところもあります。専門家の診断には 2 種類あります。

専門家への診断依頼の画像
 
【1.一般診断】
建築士が建物を壊さずに調査します。建物の基礎や壁量、柱の接合部を見て診断します。
 
【2.精密診断】
本格的に、壁の一部を壊すなどしたり、構造計算をして精密な診断を行ないます。
詳細な診断結果がわかりますが、費用も掛かります。
 

3.耐震改修
専門化の診断の結果、「やや危険」「倒壊の危険あり」と判定された場合、本格的に耐震改修を検討すべきです。耐震改修は主に次の様な箇所に行います。

耐震改修の画像
 
【基礎の補修】
ひび割れの補修、鉄筋の入っていない基礎に鉄筋コンクリート造の基礎を抱き合わせて増し基礎し、強度を上げます。
 
【壁の補強】
壁を増設したり、筋交い(耐力壁)の補強、構造用合板の打付けにより、壁の強度を上げます。
 
【接合部の強化】
土台と柱をつなぐ金物などを強化し、ホゾを抜けにくくします。
 
【屋根の葺き替え】
軽量化のため瓦屋根を軽いものに葺き替えます。
 

耐震用品

耐震補強は費用がかさむ、または耐震性能は十分だがさらに対策に力を入れたい場合には耐震用品の導入をお勧めします。

 

ガラス飛散防止フィルム
耐衝撃性を向上させ、割れても破片が飛び散らない特殊なフィルムを窓に貼付します。
強度向上以外にも紫外線99%カットや太陽熱遮断による省エネ効果など多彩な効果を備えています。

使用メーカー
・住友スリーエム・リンテック etc.

ガラス飛散防止フィルムの画像
 

耐震ドア化プレート
ドアに取り付けることで、地震によって生じた歪みでドアが開かなくなることを防ぎます。
*対策をとっていないドアでは枠が10mm歪むと開けるのに100kg、17mm歪むと200kgの力が必要です。
100kgでは女性・子供の力では難しく、200kgでは人の力では開けられません。

使用メーカー
・ビュード etc.

耐震ドア化プレートの画像
 
防犯対策

見直しのポイント

①窓
空き巣狙いの侵入手段は70%がガラス破壊によるものです。対策として引き違い窓に補助錠を追加し、2ロックにする。
またガラスを複層ガラスに替えたり、防犯フィルムを貼ったり、窓に格子や窓シャッターを取り付けることで侵入を諦めさせることが重要です。

窓の画像
 

②玄関扉
玄関の錠前は、ピッキング、破壊、カム送りなどの手口で狙われています! 対策として全国防犯協会連合会で認定したCP錠や補助錠による2ロック、サムターンロックカバー、ガードプレートの設置などいろいろな手口に対抗できる錠前対策をお勧めします。

玄関扉の画像
 

③防犯設備
テレビドアフォンは家の中で来訪者の顔を見ることができるカメラ付インターホンです。犯行の抑止効果があります。
センサー付ライトは人が近づくと自動的に点灯する照明機器です。
その他簡易カメラや防犯カメラシステムなど犯罪の抑止効果を発揮する各種機器をご提案できます。

防犯設備の画像
 

④建物周囲
泥棒は廻りから見えない所を好みます。塀や植栽を低くして目隠しになるものを無くし、見通しを良くしましょう。
トイレや浴室など高窓には面格子を取り付けましょう。

建物周囲の画像
 
バリアフリー化

長寿社会を迎え、高齢者の家庭内での転倒などによる事故が増えています。
実際、家庭内で事故死した65歳以上の人は、年間約7,500人にのぼり、これは同じ世代で交通事故死した人の1.5倍と侮れない数字になっています。
それでは、住み慣れた家をいかに改造してバリアフリーに適合化し、歳を重ねても住みやすい家にして行くか?
…そろそろ心配という方もいらっしゃるかと思います。
バリアフリー化は、要支援や要介護状態になってからリフォームするのでは遅すぎると言われています。経済的に余裕のある定年 前から準備をしておくことが大切だといえます。
元気なうちに家全体の基本的なリフォームを済ませておくのが基本なのです。

バリアフリー化の画像
 

見直しのポイント

生活パターン改善
2階建ての場合、生活の場を一方の階に集中します。エレベーターの設置が難しいのならば、1階だけで過ごせるようにします。

生活パターン改善の画像
 

生活動線の単純化
なるべく間取りを単純化し、家中をスムーズに動けるようにします。

生活動線の単純化の画像
 

スペース確保
トイレや浴室・洗面所など身体の自由が利かなくなると一番困る場所は、介助者が入れる余裕をとっておきましょう。

スペース確保の画像
 

拡幅や段差の解消
廊下や部屋の開口部を拡げ、車椅子でも動き回れるようにしておきます。扉も開閉しやすい引き戸にすることをお勧めします。
段差のあるところには、三角形の添え木を固定し、スロープにすることも必要です。

拡幅や段差の解消の画像
 

公的リフォーム資金の活用
自己資金で賄えればそれに越したことはありませんが、借入れが必要な場合は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の高齢者向け返済特例制度を使う手もあります。これは、60歳以上の一戸建てに住む方が対象で1千万円まで融資を受けられます。
対象工事は、バリアフリー工事や耐震改修工事に該当するものです。毎月利息だけ支払えばよく、元金は、借入人が死亡した時に相続人が支払うか、自宅を担保処分するかで一括返済します。これなら年金収入だけでも十分利用できます。
詳しくは住宅金融支援機構へお尋ね下さい。

■住宅金融支援機構のホームページ
>> http://www.jhf.go.jp/

 

業者選びは慎重に
最近テレビや新聞で取沙汰され御存知の様に、不要工事や架空請求などで高齢者を狙った悪質リフォーム事件が後を絶ちません。
リフォーム業者を選ぶ時は、セールスマンのうまい口車に乗せられること無く、その会社の工事実績や経験が豊富にあることを確かめた上で、本当に必要な工事なのか、見積はわかり易いか、話を細かく良く聞いて親身になってくれるか、アフターサービスは充実しているかなどを考慮に入れて、本当に信頼の置ける業者を選ぶことが大切です。
そしてこれがリフォーム成功の鍵でもあります。

 
 
ページトップへ戻る