大規模修繕工事

ホーム > 大規模修繕工事 > 工事の流れ

工事の流れ

着工
共通仮設工事詳細を見る
現場事務所・作業員詰所・仮囲い・工事用のトイレや流し、電気設備、水道設備など、各工事共通して使用する仮設物を設置する工事です。 共通仮設工事の画像
↓
足場仮設工事詳細を見る
足場仮設工事とは、外壁修繕作業など高所でも安全に作業を行うための足場を設ける工事です。
枠組足場を設置するのが一般的ですが、建物条件に合わせてくさび緊結式足場・ゴンドラ等を使い分けます。
共通仮設工事の画像
↓
下地補修工事詳細を見る
外壁に足場が架かったところで、ひび割れ、浮き、コンクリート(鉄筋)爆裂、欠損など下地の全面調査を行います。
その結果をもとに、劣化状況に合わせた適切な補修を行います。
共通仮設工事の画像
↓
シーリング工事詳細を見る
シーリング工事とは、外壁の目地やサッシ廻りなどの各部位より水の侵入を防止するために充填されているゴム状のシーリング材を打替える工事です。 共通仮設工事の画像
↓
高圧洗浄工事詳細を見る
外壁表面に付着したコケや汚れを高圧水(1平方センチメートルあたり120~150キログラム程度の水圧)で洗い落とします。
既存塗膜を撤去する場合や、建物の汚れ具合によってはさらに圧力を上げたり、温水を使用する場合もあります。
共通仮設工事の画像
↓
塗装工事詳細を見る
【外壁塗装工事】
躯体コンクリートを塗膜で保護するとともに、美観を復元いたします。
また、カラーシミュレーションにより上塗り材の色を選択できますので、美観を一新することも可能です。
共通仮設工事の画像
【鉄部塗装工事】
風雨にさらされる外壁面において、最も早く劣化が進行するのが鉄部です。
入念にケレン(錆落とし)を行い、錆止め~中塗り~上塗りと塗り重ねることで耐久性の向上を図ります。
共通仮設工事の画像
↓
防水工事詳細を見る
屋上・屋根・バルコニー床・開放廊下床・階段床など、降雨水等の侵入を防ぐ重要な工事です。
部位によって、アスファルト防水、シート防水、ウレタン塗膜防水などから最適な工法で施工いたします。
共通仮設工事の画像
↓
足場解体・共通仮設撤去詳細を見る
足場解体前検査(出来る限り管理組合様立会いの元)を行います。
その後、足場解体~クリーニング~竣工検査~共通仮設撤去。
↓
工事完成 - 引渡し
 
ページトップへ戻る